OMC B-style | 株式会社オー・エム・シーの高気密・高断熱 注文住宅・コンセプト住宅

TECHNOLOGY夏涼しく、冬暖かい暮らし

快適で健康な室内環境を生み出す
B-styleの基本設計

建物の性能を向上させ、光や風の道を設計することで、住まいはもっと快適にもっと環境にやさしくなれます。
冬季は日射が部屋を温め、夏季は庇や外付けブラインドが日射を遮ります。
また壁や屋根が熱を通しにくいことで、春や秋の通風も活かすことができます。

優れた断熱性・気密性

室内から室外にどのくらい熱が移動するかを示す指標を「熱貫流率」といい、
それを、天井・壁・床・窓等の外皮の合計面積で割った値を「外皮平均熱貫流率(UA値)」といいます。
数値が小さいほど断熱性能が高い住宅となります。

UA値は省エネ法により地域ごとに基準値が定められています。 下表の省エネルギー基準とは2020年に義務化される数値で、ZEH適合基準 とは政府が2030年までに新築住宅の平均で実現を目指す数値です。

家の気密性(隙間の量)を示す指標で、家全体にある隙間面積を延床面積で割った値を「相当隙間面積(C値)」といいます。
数値が小さいほど気密性が高い住宅となります。

高性能な断熱材や窓を使用してUA値を高めたとしても、家の隙間が多いと 十分な効果を発揮できません。快適な家づくりのためには家の気密性を高めることが重要です。

次世代省エネルギー住宅実現のための工夫

断熱材(吹き付け発泡ウレタン)

複雑な構造の住宅も現場吹き付け発泡なので隙間なく施工できます。
また、自己接着力によって躯体との間に隙間ができにくく、断熱性・気密性ともに優れており、遮音性にも優れています。

壁厚いっぱいまで吹き付け、厚みをオーバーする分はカットして施工します。
そのため、次世代省エネ基準以上の高い断熱性能を保ちます。

高性能樹脂複合サッシ+Low-Eペアガラス(アルゴンガス入り)

断熱性能を大きく左右する窓サッシ。快適な住まいの実現のために高性能な複合樹脂の遮熱高断熱サッシを採用。
アルゴンガス入りのペアガラスに日射熱を50%以上カットするLOW-Eフィルムを施し、熱の浸入を防ぎます。
さらに、意匠性を大切にし、フレームを極小化したデザイン性の高いサッシを採用しています。

高断熱高遮熱UVカットデザイン

Quality家づくり